人生100年時代!?

今までずっと迷っていましたが、今日、順天堂医院の「天野篤先生」の「100年を生きる~心臓との付き合い方~」という本を本屋にて購入しました。

 

天皇陛下の心臓外科手術を執刀したあの方です。

 

単行本でないと私店主的にはいつも購入を躊躇してしまうのですが、新聞に載っていた内容が知りたいことだらけでしたので購入した次第です。予想どおり期待をうらぎらない内容でした。

 

お年寄りを介護している方は、「3分診療」とまでいかなくても、混雑していればいるほど次の方に遠慮して聞きたいことも聞けない場合がほとんどではないでしょうか?

 

そうした場合、天野先生のように心臓外科手術の執刀件数が多く有益な内容を記した著作があれば購入し、熟読した方が疑問は早く解決するのかもしれません。ネット情報は真偽のほどが定かでない場合もありますし、十分な情報もなかなかみつかりません。

 

通称「TAVI」と呼ばれる「大動脈弁置換術」などのくわしい写真や、手術に対する向き合い方、考え方など、本音で語っていらっしゃいます。

 

私的には、~心臓を守る食事法。即やめるべきは「ドカ食い」~という項目にドキッとしました(笑)