東大門市場 「副資材棟」

以前もブログでご紹介させていただきましたが、こちらは韓国「済州島」在住の足のご不自由な女性が作られた「布製ネックレス」だそうです。

 

染色家の女性が、仕事上で出た「はぎれ」を提供したもので作っていただき、ソウル市内の染色家のお店の一角で販売していました。

 

細工が細やかないつまでも大切にしたい逸品です。

又、最近行った東大門市場「副資材棟1階」の様子です。メインは2階より上です(地下もあります)。時間がなくて写真は撮れませんでしたが、それはにぎわっています。以前行った時、5階で買い出しにいらした「電動車いす」の女性数人にもお会いしたことがあります。一般人は、階段しか昇降の手段はないのですが、障碍をお持ちの方の「エレベーター」はありそうですね。韓国は、大学に「編み物学科」もある、と聞いたことがありますので、ハンドメイドの意識は、日本より高そうです。

 

俳優の梅沢富美男さんも、「日本にないものが手に入る!」とステージ衣装用の生地、副資材を買い出しにいらっしゃるようなので、レアなものをお探しの方は、一度行かれてみては...