草木染のネックレス

皆さん、少々地味な色合いですが、これは何かわかりますか?

 

実は、これは韓国「済州島」の障碍をお持ちの女性が丁寧に作り上げた草木染の「ネックレス」です。

 

3~4年前にソウルの染色家のお店で買いました。中心部円形部分を丁寧に巻き付け、とても品の良い仕上がりになっています。

 

私が現地で今まで見た草木染め製品は、日本の繊細な色合いのものとは違い、このようなどっしり落ち着いた力強い色合いの物が多かったような気がします。もちろん日本にも落ち着いた色合いの物はありますが。

 

それゆえ、毎日の生活にとても馴染み、日常に取り入れやすいとも思います。お坊さんも墨染めの作務衣を着ていらしたし、自然素材をうまく取り入れ着こなしているおしやれな方にたくさん出会いました。

 

なぜこんなお話しをしたかと言いますと。実は昨日、テレビで島根「石見銀山」の 「群言堂」さん が紹介されていて急になつかしくなってしまったからです。