「免疫チェックポイント阻害剤」とは。

今日NHKの「クローズアップ現代」を見ていたら、新しいがんの治療法について取り上げられていました。

 

新薬を使い、今までとは逆の発想でがんを攻撃するというもので、アメリカの末期大腸がん患者さんの病巣部6割消失

(理由はありました)、日本でも皮膚がんの患者さんに劇的効果あり、というものでした。

 

医学の進歩は日進月歩で、末期がんに罹患したからといって、助かる可能性は”0”ではないんだ、と感じました。


絶対、「情報戦」ですよね。あきらめず、根気強く情報を探す努力をした人が幸運を手にするというか。 

そこでも家族や周囲の方のサポートは必要になってくるのでしょう。

 

その治療薬の開発に努力されたのが、京大のご年配の先生でした。最近ノーベル賞などでも、ご年配の先生方のご活躍が目立っていますよね。成果が出るまで、長い期間が必要だったのでしょう。


本当に頭が下がります。