暑中お見舞い申し上げます。

毎日、うだるような暑さが続いているこちら

横浜です。ゆえに、日中の外出はできるだけ避け、用足しは夕方以降涼しくなってから、というパターンが定着してきました。

 

日曜夜11時過ぎに、30分ほど散歩してこようと道を歩いていたら、はっぴを着た、たぶん(?)お祭り帰りの若者が倒れていてびくともしません。これは大変、とあわてふためいていたら、傍らに携帯片手の同年齢ぐらいのまじめそうな若者が。今から警察に電話するところです、とのこと。

 

呼吸しているのかもわからないほど動きがないので、確認するのを躊躇していたら、携帯の若者が鼻に手を当てて確認してくれました。「大丈夫息しています!」、「ぼく、こういったことで110番するのこれで3度目ですよ」とのこと。「人によくしていると絶対いいことありますよ」と私。そうこうしているうちパトカーが到着しました。

夜になってもムシムシ暑かったですが、気分だけはすがすがしい気持ちになれました。