今年も「介護」の現場はきびしくなりそうですね。

 「要介護者」をかかえる家庭にとって無関心ではいられない介護報酬も2%弱の引き下げ、介護労働者の方も圧倒的な人手不足で「賃金」を上げると言ってもどうなるかわからない、本当にきびしい時代ですよね。それに消費税が8%になって、ちょっとした物を買うと「え~こんなになってしまうの?」と感じることが多く、以前のような大量生産大量消費の時代は終わってしまったのかもしれません。

 耐久性のある物を、丁寧に使用する時代になってしまったのだとつくづく感じます。

当店も今年は、時代の流れを意識した営業にならざるを得ないです。

 少し前にテレビで「認知症」の方を地域で見守る自治体が増えてきて、徘徊をしているお年寄りも温かい目で見守りをしている様子が映し出されていました。いづれは誰もが例外なく「高齢者」になりますので、こうした状況は本当にほっとしますよね。